LINE@登録で『1億円の法則』をプレゼント!

経済的自由人への道

LINE@の登録はこちらから!

【第5話】なぜ収入が高くても貯金が出来ないのか?

田口 智隆
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
田口 智隆
お金本のミリオネア作家。28歳のときに自己破産寸前まで膨らんだ借金を徹底した節約と資産運用によりわずか2年で完済。その後は「収入の複線化」「コア・サテライト投資」で資産を拡大。34歳のときにお金に不自由しない状態「お金のストレスフリー」を実現し、2007年に株式会社ファイナンシャルインディペンデンスを設立する。2019年7月、突如カップルマイラー宣言!マイラーデビュー3ヵ月で30万マイルを貯めた新人マイラー。
詳しいプロフィールはこちら

STRの理想割合(バランス)は「収入」によって変わる!

皆さん、こんにちは。
ファイナンシャルインディペンデンス代表の田口智隆です。
『経済的自由人の道』第5話へお越し頂き、ありがとうございます!

前回と前々回とで、手取り収入20万円の場合と50万円の場合を比べながら、理想の支出割合についてお伝えをさせて頂きました。
▼手取り収入20万円と50万円の理想割合はこちら▼

大切なことは、手取りの収入に応じて数字が変わるということです。こちらに理想の割合(バランス)をまとめてみました。

S=消費:今、生きて行くの必要なお金=いわゆる生活費(70〜80%)
T=投資:将来に向けてのお金(最低でも10%〜25%)
R=浪費:使わなくても生きて行けるお金、いわゆる無駄使い(5%〜最大でも10%まで)

ポイントは、取り収入が少ないうちはSの割合を高めに設定して、Tの割合を低くすることです。逆に手取り収入が高い場合には、Sの割合を低めに設定して、Tの割合を高くすることです。

貯金が出来ない人はお金の使う「順番」がSRT!

そして、ここからが今回のお話です!前回の最後のクエスチョン。どうして年収が高くなっても貯金が0の世帯があるのか?なぜ通帳の残高がなかなか増えていかないのか?についてお伝えします。

ズバリ、貯金ができな人は支出が「SRT」だからです。

大事なことなので、もう一度繰り返します。

貯金ができな人は「支出がSRT!!」
つまり、お金を使う順番がS:消費、R:浪費、T:投資の順番になっていのです。

一言で言えば、余ったら貯金をするというお金の流れです。

一方、理想の割合をすることが出来ている人の支出は「TSR」になっています。
つまり、お金を使う順番がT:投資、S:消費、R:浪費の順番になってるのです。

今回は、理想の割合通りに支出のバランスが取れている人のお金の流れと、バランスを崩しやすい人のお金の流れについて、お伝えをさせて頂きました。

次回からは、どのように理想の割合にして行ったら良いのか?その方法について、S:消費とR:浪費に分けて、その対策方法についてお伝えをさせて頂きます。それでは、今回も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。次回またお会いしましょう!

田口の最新作「一億円の法則」(PDF版)を無料でプレゼント!
LINE@追加でもらえます!

この記事を書いている人 - WRITER -
田口 智隆
お金本のミリオネア作家。28歳のときに自己破産寸前まで膨らんだ借金を徹底した節約と資産運用によりわずか2年で完済。その後は「収入の複線化」「コア・サテライト投資」で資産を拡大。34歳のときにお金に不自由しない状態「お金のストレスフリー」を実現し、2007年に株式会社ファイナンシャルインディペンデンスを設立する。2019年7月、突如カップルマイラー宣言!マイラーデビュー3ヵ月で30万マイルを貯めた新人マイラー。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© FINANCIAL INDEPENDENCE , 2019 All Rights Reserved.