LINE@登録で『1億円の法則』をプレゼント!

経済的自由人への道

LINE@の登録はこちらから!

【第24話】お金の種を収穫するまでのスケジュールを立てよう!

田口 智隆
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
田口 智隆
お金本のミリオネア作家。28歳のときに自己破産寸前まで膨らんだ借金を徹底した節約と資産運用によりわずか2年で完済。その後は「収入の複線化」「コア・サテライト投資」で資産を拡大。34歳のときにお金に不自由しない状態「お金のストレスフリー」を実現し、2007年に株式会社ファイナンシャルインディペンデンスを設立する。2019年7月、突如カップルマイラー宣言!マイラーデビュー3ヵ月で30万マイルを貯めた新人マイラー。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。
ファイナンシャルインディペンデンス代表の田口智隆です。
『経済的自由人への道』第24話にお越し頂き、ありがとうございます!

前回は「お金の種をすくすく成長させる3つのポイント」についてお話をさせて頂きました。
▼前回の記事をまだ読まれていない方はこちら▼

今回の記事では、「お金の種を収穫するまでのでスケジュール」についてお伝えをさせて頂きます。

多くの人が副業を始めたいと思っていても、つい先延ばしにしてしまいがちです。

「お金儲けが第一目的ではないとは言え、会社員として収入を得ている人や、専業主婦であれば、現状維持のままでもすぐに生活が困窮するわけではありません。わざわざ副業で稼ぐほどの切迫感も持っていないのです。

しかも、本業は勝手にサボるわけにはいきませんが、副業は実行に移さなくても、誰にも文句は言われません。そうした気持ちのゆとりは大切ですが、だからといって副業を始めるに際して、「準備が整ったらスタートしよう」とのんびり構えていると、なかなか準備も進みません。

最悪の場合、面倒くさくなって、副業自体を諦めてしまうケースもめずらしくありません。

「お金の種」が見つかったらすぐにスタートする

「鉄は熱いうちに打て」と言う格言がありますが、これで稼ぎたいと言うお金の種が見つかったときが、種をまくタイミングです。

幸せな副業は「好き」と言う感情が原動力となります。「やりたい!」と言う気持ちが高まり、熱量のある時こそ、一気に行動を起こすことができます。

どんなビジネスでも同じですが、即断即決し、スピード感を持って行動する人が成功します。「ああしたい」「こうしたい」と思い描くだけで、行動しない人は成果を出すことなく終わってしまいます。

なかなか副業に踏み切れない人の中には、「お金が貯まったら始めよう」「時間ができればやってみよう」といった言葉を口癖のように唱えているたらればさん」が少なくありません。しかし「たらればさん」は先延ばしするばかりで、結局、行動に移せません。

「〜したら」「〜すれば」といった条件が全て揃う事はありませんし、仮に条件を満たしても、また別の条件をつけて先延ばしするのです。要は、失敗することから逃げているのです。

しかし、小さく始めるプチ副業なら、お金をかけずにできる事はたくさんあります。例えば、インターネットで何かを販売したいという場合、ブログやFacebookなどのSNSは無料で利用できますし、オークションやフリーマーケットなど安価で使える場もたくさんあります。

「お金が貯まってから‥」と言うのは、行動しない理由にはならないのです。

商品・サービスをリリースする日を決める

「好き」をお金に変えることを決意したなら、まず商品・サービスをリリースする日を決定することをお勧めします。

「○月○日に商品・サービスをリリースする」と自分で決めてしまえば、覚悟も生まれ、その日に向けて準備を進めることができます。

「好き」がお金に変わった人 その7

前田あかねさん(仮名)は、通販会社で働くOL。昔から趣味だったパン作りで副業を始めることを決めました。

職場や近所の友人に配っていたところ、

「お店で買うパンよりおいしい!」「どうやったら、こんなにおいしいパンを作れるの?」と褒められたのがきっかけでした。

ところが、パン教室を開催して、参加費をいただく事は決めたものの、色々とアイデアを考えているうちに半年が経過‥。

「このままではいけない」と思い始めていた頃、前田さんが通っていた料理教室の先生から、今度オープンするキッチンスタジオが新規キャンペーンでスタジオを格安で貸し出すことを知りました。

「これはチャンスだ!」と思った彼女はすぐに予約。とうとう1ヵ月後にパン教室を開催することが決まりました。

スケジュールが決まってしまえば、あとは実行あるのみ。

知り合いやブログの読者を中心に、パン教室を開催することを告知して集客に励むほか、わかりやすい教え方を研究して本番に備えました。

その結果、キャンセル待ちが出るほど申し込みがあり、本番のパン教室も成功裏にスタートが切れました。

今では生徒数が50人を超えて、定期的にパン教室を開けるように。収入もOLとしての給料の額に迫るほど、彼女の副業はうまくいっています。

前田さんは、こう振り返ります。

「パン教室の開催日が決まってからは、余計なことを考える暇もなく、本番に向けて突っ走るしかありませんでした。あのままズルズルと行動を起こさずにいたら、『やっぱり無理かも‥』と、できない理由を並び立ててあきらめていたと思います」

外に向けてリリース開始日をアナウンスする

商品、サービスをリリースするときは、お客様となる人たちを巻き込むことがポイントです。自分の覚悟だけでなく、外部に向けて「現在準備中の商品(サービス)をこの日から販売開始します」と宣言してしまうのです。

インターネットで物販をするなら「○月○日に購入サイトをオープンします」と告知します。講師業を始める人なら、「○月○日に××でセミナーを開催します」と情報をリリースします。

外に向けてアナウンスしてしまえば、簡単にやめる事はできませんから、スケジュールを逆算して着々と進めることができます。

こうして自ら退路を断ち、自分に適度なプレッシャーをかけることも、スタートダッシュの段階では必要です。

「いつまでにこれをする」とスケジュールを逆算して立てていかなければ、具体的な行動に落とし込めませんし、成果にも結びつきません。

【今日のまとめ】

「○月○日に××する」と決めて、周りに告知する

田口の最新作「一億円の法則」(PDF版)を無料でプレゼント!
LINE@追加でもらえます!

この記事を書いている人 - WRITER -
田口 智隆
お金本のミリオネア作家。28歳のときに自己破産寸前まで膨らんだ借金を徹底した節約と資産運用によりわずか2年で完済。その後は「収入の複線化」「コア・サテライト投資」で資産を拡大。34歳のときにお金に不自由しない状態「お金のストレスフリー」を実現し、2007年に株式会社ファイナンシャルインディペンデンスを設立する。2019年7月、突如カップルマイラー宣言!マイラーデビュー3ヵ月で30万マイルを貯めた新人マイラー。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© FINANCIAL INDEPENDENCE , 2019 All Rights Reserved.